健康オタクの常識を気持ちよくひっくり返す! IT長者考案の「完全無欠ダイエット法」

2014年に刊行されて全米で話題を呼び、日本でも発売後1年で17万部を突破したベストセラー『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』(デイヴ・アスプリー著・ダイヤモンド社)。海外セレブがこぞって飲むという「バター入りコーヒー」を提唱し、「油脂をたっぷりとって1日0.5kgやせる」という、一般常識から考えるととんでもない説の火付け役となったのが本書です。ちなみに原題は『THE BULLETPROOF DIET』。ブレットプルーフとは「欠点も抜け穴もない」という意味で、本文中では「完全無欠」と訳されおり、本書では“完全無欠”なダイエットの実践法から、“完全無欠”なタンパク質や油脂の選び方などが、その理由とともに具体的に紹介されています。

ハッカーが全力で自分の体を「バイオハック」

本書の最もユニークな特徴は、著者アスプリーのプロフィールです。約20年前、「億万長者になりたての若き企業家」であった著者は体重140kgの肥満体であるばかりか、血液はドロドロ、のどや鼻の病気に悩まされ、頭は始終ぼーっとして集中力はゼロ。ハードなダイエットに挑戦してみるものの、一向に成果が現れません。そこで彼はハッカー(=インターネット草創期のイノベーター)ならではのやり方で、自分の生態を「バイオハック」し始めます。

そのやり方は、見事なまでに徹底していました。自分を実験体として脳やホルモン、神経の状態まで綿密に測定。その上で薬やサプリメント、あらゆるダイエット法を試し、その効果やメカニズムを確かめました。さらに研究論文を読み漁り、食べ物がどのように作用し、空腹感やエネルギーレベルといった「体感」にまで影響を及ぼすかを特定したのです。研究にかけた費用は30万ドル以上(1ドル135円として4,000万円以上/2022年6月21日現在)。プロバイオティクスだけでも5万ドル以上を費やしたということからも、このIT長者の熱意が伺えます。

そうして誕生した「完全無欠ダイエット」によってアスプリーは50kg以上のダイエットに成功。家族に恵まれ、エネルギーやスタミナを取り戻し、「アップグレードされた人生」を送っています。本書は、完全無欠ダイエットのハウツーとともに、そこに至るまでの膨大な検証の記録としても興味深く読み進めることができます。

常識がガラガラと崩れてゆく快感

本書は4つのパートに分かれています。第1章から第3章までは主に、完全無欠ダイエットにたどり着くまでのプロセスとともに、コンセプトが公開されます。栄養学や医学の知識がないと読みづらい部分もあるので、さらりと読み進んで差し支えありませんが、第2章の後半で、数あるダイエット神話「カロリーを減らせば体重は落ちる」「体重が減らないのは努力が足りないせい」などを一刀両断に否定している部分は必読。著者自身が数々のダイエットにチャレンジしてきただけに、万年ダイエッターの心情に寄り添った記述が爽快です。第3章は本書のコンセプト「もっと脂肪を食べよう」が主題。「1日のカロリーの50〜70%を“正しい脂肪”からとろう」という衝撃的な内容が発表されます。また、その他の食品や栄養素についての見解も紹介されます。

第4章から第7章までは、完全無欠ダイエットにおける1日の食事スケジュールに加え、睡眠や運動に関するアドバイスも。「炭水化物は『夜』に摂るのが唯一の正解」「朝、ヨーグルトを食べると太る」などの見出しだけで、健康オタクはもちろん、健康に気を遣っているという自負のある人は、多かれ少なかれショックを受けることでしょう。一方、「運動は週1回、15分間のウエイトトレーニングで十分」という内容は、運動嫌いのダイエッターには朗報かもしれません。

第8章から第10章では、野菜や油脂、タンパク質から調味料や飲み物まで全ジャンルの食品を「完全無欠」「やや注意」「ハイリスク」の3つのカテゴリーに分類。それぞれの特徴や食べ方がコンパクトにまとめられています。野菜だけ見ても「アボカドは完全無欠な食品の一つ」などよく知られたものもありますが、「きのこは必要のない薬」「ニンニクを食べると集中できなくなる」など、あっと驚くような情報も。

第11章から第13章は、「完全無欠ダイエット」を実践するにあたっての補足情報。調理法やスケジュールの組み方、注意点などが紹介されます。付録の「完全無欠レシピ集」では、「完全無欠コーヒー」ことバターコーヒーをはじめ、メインや副菜、調味料、デザートなど多くのレシピが掲載されています。

本書の内容はアメリカ人の食生活をベースにしたものですが、訳者は著者と相談の上、日本に合わない記述は変更・割愛しているそうです。信じるか信じないか、実践するかしないかは読者次第。ですが、読み終わった時には、IT長者が多額の費用と時間、そして天才的な頭脳を惜しみなく費やしてたどりついた究極のダイエット法に、なぜか心がざわついていること間違いありません。

【書籍情報】
『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』(デイヴ・アスプリー著/ダイヤモンド社)


ウェルネス総研レポートonline編集部

関連記事一覧